HANG THE DJ(Netflix:Black Mirrorシーズン4)

 

HANG THE DJ(Netflix:Black Mirrorシーズン4)

 

f:id:seenewworld8:20190331101819g:plain

 

アウトライン(ネタバレ)

 

舞台は最高の恋人をAIが決定する世界。自由恋愛は出来ない。人々は“コーチ“と呼ばれるAIが決定した相手と決められた時間、決められた場所で出会い、決められた期間付き合う(出会った瞬間に交際期間も決められている!)。

 

コーチは交際期間の行動、心理を分析し、最終的に生涯の伴侶を提案する。マッチ率は驚異の99.8%だという。

 

エイミーとフランクは出会った瞬間お互いを運命の人だと確信するが、交際期間を確認するとわずか12時間だった。コーチの指示通り食事後ホテルに行くが何もせず朝を迎え、二人は別れた。

 

その後も間髪入れずにコーチは二人に恋人を紹介するが全く運命の人だとは思えず、二人は二人を忘れられずにいた。そんなこんなで一年が過ぎ、何と再会を果たす。

 

多くの人たちが始めに交際期間を確認するが、今回エイミーはそれは止めようという。運命の二人に別れなんて来るはずないと…。

 

その後二人には幸せな日々が続いて、結ばれた…。

 

とは問屋が卸さず、ある日フランクは約束を破って交際期間を確認してしまう。二人が運命の人ならそこには永遠に近い時間が書かれているはずだ。ならいいのだがデバイスには5年と表示される。

 

前回の12時間に比べればとても長いけれど、、と思った最中デバイスは更新を開始し交際期間はどんどん短縮されてしまう。止めようにも出来ない。何度叫んでも時間は短くなるばかりで、5年と表示されていた数字はわずか12時間にまで減ってしまった。

 

意気消沈したフランクは理由をエイミーに問いただされ白状する。自分のせいで今日が二人の最後の日になると。約束を破ったフランクにエイミーは激怒しそのまま別れてしまう。地獄の苦しみを味わうフランク。

 

一方でAIは無感情にエイミーに次の恋人を紹介する。何とそれはついに運命の人だという。それは今まで会った人かと尋ねると違う。コーチはそれと同時に運命の人に会う前に希望する人間に会うことが出来るがどうしたいかと質問する。

 

再び運命の再会を果たした二人だが、交際期間を確認すると残り時間は数分だった。だがエイミーとフランクはお互いが運命の人にしかどうしても思えない。コーチの指示に従わなかったらどうなるか。周りには屈強な黒服が巡回している。

 

エイミーは以前から腑に落ちない事があった。湖で水切りを何度やっても石は4回跳ねて沈んでしまう。3回でも5回でもなく必ず4回だ。

 

意を決してバーを飛び出す二人。スタンガンを突きつける黒服に触れると彼の動きは止まってしまう。やはりこの世界はプログラムでしかなかった。

 

そのまま外の世界へ逃げなければならない。聳え立つ壁を登っていく二人。いつしか別世界に転送されていた。そこには試行回数1000回。反抗回数998回と謎の数字が現れる。

 

気づくと喧騒としたバーにいる。99.8%の相性の運命の相手が出会えるというマッチングアプリに導かれてここに来た。相手はエイミー(フランク)と言うらしい。どこにいるんだろうか。どんな人なんだろう。

 

視線が重なる。

 

この人が、運命の人だ。

 

解説

 

水切り石が何故4回しか跳ねないか

あらすじで述べましたが仮想世界で4回と決められているんでしょう。エイミーは回数が必ず同じであることを疑問に思い、全てはプログラムだと気づくきっかけになりました。

 

謎の数字(試行回数1000回。反抗回数998回)について

物語の大半はマッティングアプリ内の仮想世界での話で、1000回二人は出会って998回今回のような逃避行を試みたんでしょう(はい素敵ー!)。コーチが提案した運命の相手に“反抗“して自分たちの意思で相手を選んだ。いやこれはもう運命の人としか言いようがない。

 

感想

 

泣きました~。こんな素敵な話に久しぶりに出会いました。とりあえず2019年一番感動しました。これカップルで見たら楽しいだろうなー!

 

あとエイミーがめちゃくちゃ可愛い。ラストのシーン何も言わず微笑むだけなんだけど、会ったの初めてじゃないよね?みたいな感じが200%表現されていて女優として最高の演技だと感動しました。このシーン23回は見ました。

 

そんでタイトルのHANG THE DJ。これはイギリスのロックバンドThe smithsのPanicのサビのフレーズで、簡単に訳すと『このクソセンスないDJを首吊りにしろ』。エンドロールの曲にもなっています。

 

エイミーとフランクは仮想世界のクソセンスないコーチを首吊りにして自分たちの意思で結ばれた、ということの隠喩でしょうか。Aimerの蝶々結びでも『結ばれたんじゃなく結んだんだ』ってありますけどそれに通ずるものがあります。うん選曲も神だね。

www.youtube.com

www.youtube.com