syrup16g 『さくら』

f:id:seenewworld8:20190331160455j:plain

世に数多さくらにまつわる歌はあるが、こんなに悲しいさくらは聞いたことがない。

 

端的に言うとこの歌は別れの歌だ。さくらが咲いている時が二人が上手くいっていた時、別れた後がさくらが散った後。

 

巷では邦楽四大鬱バンドの一つに数えられるsyrup16g。この曲もらしさ全開で絶望的に暗い。

 

すべてを失くしてからは

どうでもいいと思えた

枯れてしまった桜の花

かき集めているんだろう

 

出だしがこれだよ?

さくらというタイトルで冒頭からすべてを失くす…、ロックンロールとはこのことだ。

 

詞は暗いけどメロディーは割と明るくて何故かマッチしてしまうところがこの曲の凄いところ。

 

一部でカルト的人気を誇る通り、実力も折り紙付き、名曲だらけでいくら紹介してもしたりないんだけれど、丁度いい時期だったのでこの曲を選びました。

 

ぜひ聴いて悲しい気持ちになってみてください。

www.youtube.com

www.youtube.com